新宿区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(新宿区)―

草間 幸夫 院長/西新宿歯科クリニック(西新宿五丁目駅・歯科)の院長紹介ページ

草間 幸夫 院長

KUSAMA YUKIO

歯の疾患の本当の原因を追求し、精度の高い治療を実施。お口の健康向上をお手伝い。

大学卒業後、補綴を専門に学んだあと、歯科医院に勤務し経験を積む。1991年に西新宿五丁目駅すぐそばに開業。

草間 幸夫 院長

草間 幸夫 院長

西新宿歯科クリニック

新宿区/西新宿/西新宿五丁目駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科

医療の仕事へのレールは真っ直ぐに伸びていた。

草間 幸夫 院長

祖父が歯科医師、父が医師でしたので、医療の仕事へのレールはあったんですね。しかし、子どものころの私はそれに反して、パイロットにあこがれていました(笑)。視力が悪くてその夢はかないませんでしたが…。ただ、手先が器用だったことや、その器用な手先で物を作ることが好きだったこともあり、祖父の仕事を見ていて、おもしろそうな仕事だなとは思っていました。中学、高校となるにつれ自分の将来を真剣に考えるようになった時、身近にあった医療に関心を持ち、歯科医師を自然と目指すようになっていました。
94歳まで現役だった祖父は、軍医だったこともあり麻薬を麻酔として使う「麻薬医」の資格を持っていました。私が子どものころ、この「麻薬」の注射をして治療をしてもらった時、まったく痛みを感じませんでした。この話がきっかけで息子は、大学院は麻酔科で学びました。そのため当院では治療の際、患者さんに痛みを感じさせないよう最大限の配慮をしています。

最新設備を備え、高度な歯科診療を提供。

草間 幸夫 院長

大学卒業後に、著名な先生の研修施設で主に補綴(被せ物、詰め物)を専門に学んだあと、歯科医院に勤務しました。都営大江戸線「西新宿五丁目駅」のすぐ近くに当クリニックを開設したのは1991年。2004年には大幅なリニューアルをしました。
その際、導入したのが「セレック」です。これは、コンピュータでオールセラミックの補綴物を最短1日で作るシステムです。コンピュータに口腔内の状態を取り込んでプログラミングし、その型通りにセラミックのブロックを削り出す機器です。今後は歯科医療もデジタルの時代だと思っていましたので、そのほかレントゲンなども替え、総合的に機器は最新のデジタル化を進めました。2011年には、同じビルの3階に「セラミックインプラントセンター」をオープンしました。ここには、歯科用CTやマイクロスコープ、滅菌化した個室のオペルーム、技工室などを置き、世界のスタンダードに近い、より高度な歯科診療ができる態勢を整えました。

CADCAMによるオールセラミック治療にかける情熱。

草間 幸夫 院長

一般的な虫歯や歯周病はもちろん、インプラント、ホワイトニング、オールセラミック治療などを行っております。一番の特徴は、CADCAMによるオールセラミック治療です。
セラミック治療というと「見た目をきれいにするもの」と思われるかもしれませんが、それだけではありません。昔から歯科治療でよく使われてきた「銀歯」には、人間の体に害を及ぼす毒性が指摘されています。アトピー性皮膚炎などの金属アレルギーを引き起こす物質だといわれているため、現在当クリニックでは必要最低限「銀歯」は使用していません。つまり、見た目だけでなく「体・健康を守る」という点からも、オールセラミックは注目されています。
私は日本臨床歯科CADCAM学会の会長を務め、一般の歯科医師向けの研修・講習会などを通してセレックによる正確で安心・安全なセラミック治療の普及にも力を入れています。その中でここ最近、歯科医師、患者さん、そして社会的に金属に対する考え方が変わってきていると思います。まず、審美的な面が変わり、今は生体親和性の部分で変化してきているのではないでしょうか。また、インプラントについては、当クリニックの麻酔医の管理のもと、全身麻酔とは異なる「静脈鎮静」を行います。これですと、痛みや不快感を感じることなくインプラント手術が可能です。

虫歯予防のリスク判定に有効なだ液検査を実施。

例えば、虫歯の治療といっても、ただ虫歯の穴を埋めただけでは治療ではないと思っています。「歯が痛い」「しみる」「かみにくい」といった、漠然とした理由で来院される患者さんが多いんですが、そうした状態にならないような口内環境を作らないといけないんです。つまり、病気の本当の原因を追究するということです。どうして虫歯になったのか、その部分を調べて対応することがポイントです。
そのリスクを知るために行うことの一つが「だ液検査」です。細菌のリスクやだ液の量などを細かく調べると、虫歯の原因が分かってきます。希望される方に行ったり、必要と判断した患者さんに提案させてもらいます。複雑な疾患を持っている患者さんの場合や、虫歯予防のリスク判定にはとても有効ですね。このだ液検査の結果はその後の治療計画に活用していきます。

これから受診される患者さんへ。

歯の疾患の本当の原因をきちんと探し、精度の高い治療をしてもらうように心がけてほしいですね。そして、必ずメンテナンスには通ってください。それが健康を維持する秘訣だと思います。今でも学会や研修などで海外へ行く機会が多く、欧米の歯科医師とも交流がありますが、残念ながら、日本人のお口の健康への意識は低いと言わざるを得ません。特に予防・メンテナンスへの意識ですね。手前みそになりますが(笑)、当クリニックでは、高度な治療とメンテナンスは徹底していますので、お口の健康に高い意識をお持ちの方はもちろん、お悩みのある方はご来院ください。

※上記記事は2016年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

草間 幸夫 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ダイビング
  • 好きな作家:藤沢周一、遠藤周作
  • 好きな映画:トップガン、007シリーズ
  • 好きな言葉・座右の銘:一期一会
  • 好きな音楽・アーティスト:ロック、松任谷由実
  • 好きな場所:海(沖縄、パラオ)

グラフで見る『草間 幸夫 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート