新宿区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(新宿区)―

古居 憲 院長/東京ビアンコデンタルクリニック新宿院(新宿駅・歯科)の院長紹介ページ

古居 憲 院長

KEN FURUI

裏側矯正、マウスピース矯正、ハーフリンガルにも対応。患者さんの悩みに寄り添う矯正治療のスペシャリスト

愛知学院大学歯学部卒業後、日本大学歯学部付属歯科病院総合診療科にて臨床研修。ITS東京オペラシティ歯科での勤務を経て、東京ビアンコデンタルクリニックにて勤務を開始。2018年より新宿院の院長職を務める(新宿西口駅 D5出口より徒歩1分、新宿駅 西口バスターミナル4番出口より徒歩5分)。

古居 憲 院長

古居 憲 院長

東京ビアンコデンタルクリニック新宿院

新宿区/西新宿/新宿駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科

患者さんを笑顔にしたい、父の背中を見て歯科医師を目指す

古居 憲 院長

父が歯科医師でしたので、その姿を見て自分も歯科医師になろうと考えました。父から直接何かを教わったわけではないのですが、患者さんの人生を良くするお手伝いができればと考え、この道を選びました。やはり、口元が変わるだけで患者さんが笑顔になれるのが歯科医師の魅力です。
愛知学院大学歯学部卒業後は、日本大学歯学部付属歯科病院総合診療科で臨床研修を受け、ITS東京オペラシティ歯科に勤務し、一般歯科全般について学びました。その後、矯正歯科を学ぶため、東京ビアンコデンタルクリニックに勤務。2018年5月より新宿院の院長職を任されています(新宿西口駅 D5出口より徒歩1分、新宿駅 西口バスターミナル4番出口より徒歩5分)。
矯正治療を学びたいと考えたのは、一般歯科診療をおこなう中で、歯並びに困っている患者さんを多く見かけたからです。当時は専門医の先生に引き継ぐことしかできなかったのですが、せっかく治療を始めた患者さんには、できれば自分も関わりたいと考えるようになり、専門的な技術を学ぶことにしました。お陰様でこのクリニックでは多くの患者さんを拝見することができ、とても感謝しています。現在はマウスピース矯正やミニインプラント治療、リンガル矯正の認定医を持っているほか、外部のグループでインプラント治療の専門医取得のため学んでいます。

患者さんの希望に合わせた矯正治療を提供

古居 憲 院長

当院を受診される患者さんの9割は女性の方です。新宿という場所柄、主に大学生やお勤めの方、年代は若い方が多いですね。口コミ以外にも検索やホームページを見て来院される方も増えています。ですから女性がリラックスできるよう、美容院のように内装には特にこだわっています。
治療は特に矯正に力を入れており、全体の9割は矯正治療。歯の表側矯正、裏側矯正、マウスピース矯正など、治療メニューの豊富さとテクニックではほかのクリニックにはひけをとりません。患者さんの希望やお口の状態に合わせた治療のご提案が可能です。矯正治療は上側の歯が特に目立つため、上側を裏側矯正、下側を表矯正で組み合わせたハーフリンガルという矯正治療も可能です。また、やりたくない治療を押しつけることもありませんし、患者さんの気持ちに寄りそった矯正治療を提供しています。結婚式や成人式、入学や就職など大きな行事までに治したいという方からのご相談も多いので、期間や金額などご希望に合わせて治療方法をご提案しています。

目立たない矯正治療が人気、治療期間が更に短い治療も

古居 憲 院長

治療で最初におこなうことは、患者さんのご希望をお聞きすること。当院では、ほとんどの方が見えないように矯正したいと希望されます。矯正装具が表から見えない「裏側矯正」、そして透明なマウスピースを作成しておこなう「マウスピース矯正」(インビザライン)をご希望される方が多いですね。マウスピースは取り外しができるので、歯磨きしやすいのがメリットです。その代わり、自己管理をしっかりしないと歯が動かないので一日中つけて欲しいですね。一方、裏側矯正はつけっぱなしなのでつけ忘れなどの煩わしさはないですが、歯磨きしづらく食べ物も詰まりやすいので注意が必要です。お口の中を清潔に保ちたいからと、最近はマウスピース治療を選ぶ方が多いです。病院に来る回数は裏側矯正が月に1度なのに対して、マウスピース治療の方が2ヶ月に1回と少ないことも理由のひとつだと思います。装置による歯へのダメージもマウスピースの方が少ないため、歯に優しい治療と言えます。
また、マウスピース矯正の新しい治療として最近導入したのが、オルソパルスという方法です。まだおこなっている歯科医院は少ないのですが、近赤外線という光をあてることで骨を活性化するのが大きな特徴です。骨が活性化することで一気に歯の動きが良くなるんです。歯を動かすということは骨を動かすことですからね。治療期間も通常の矯正治療の半分ほどで済みますので、短期間で治したいという方にご提案している方法です。同様に短期間で終わる治療方法として、セラミック矯正という方法もあるのですが、歯を削らなくてはいけないデメリットがあります。できるだけ歯を削らずに綺麗なまま残したいという方にもおすすめですね。
通常、矯正治療では1年や2年など長期間かかるというイメージをお持ちの方多いと思いますが、お口の状態によって、マウスピース矯正では半年程度で終わる方もいらっしゃいます。

丁寧な説明とコミュニケーションを重視し、患者さんの疑問に応える

診療で心がけているのは、一番早くて楽な方法をご提案すること。患者さんお1人1人、お口の状態は違いますから、歯並びやお口の状態に合わせて値段のことも考慮したご提案を心がけています。治療期間はお口の中を拝見すれば分かりますので、あとは治療についていかに納得してもらい、安心して治療を受けていただくかがカギになります。そのために大切にしているのは患者さんへのしっかりしたご説明。先ほどのマウスピース治療のように、メリットだけでなくデメリットについてもきちんとご説明しています。治療内容をしっかり理解すると、患者さんのモチベーションも上がりやすいんですよ。私自身も矯正治療をおこなったので良くわかるのですが、一度納得して治療を始めてしまえば、ほとんどの方は最後まで続けられるのです。
また、歯医者は怖い場所と考える方も少なくありません。不安がない状態でリラックスして治療を受けていただきたいので、こちらから一方的にご説明するだけでなく、質問があればどんなことでも言ってくださいとお伝えしています。いきなりご質問は、と言われても思いつかない方には「他の方はこんな質問をされることが多いですが、いかがですか」などと私の方から積極的に疑問点をお聞きすることもあります。ちなみに良く聞かれることは「歯を動かす時の痛みや治療期間、治療方法」といったこが多いですね。「あ、それ聞きたかったんです」と言われることも多いですよ(笑)。これからも患者さんにとって、何でも気軽に言いやすいドクターでありたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

当院の患者さんは多くが女性です。矯正治療しているのが見える、見えないということを気にされる方は非常に多いです。ですから、患者さんと初めてお会いするときには、以前自分で使用したマウスピース矯正具をつけてお見せしています。スタッフの中にもいますので、帰り際に、実は彼女もマウスピースを付けているんですよ、と教えてあげると驚かれる方も多いですよ。興味がある方には目立たないことを実際に見て実感して欲しいですね。
矯正治療は大人になってからも可能で、仕事や学校へ行きながら目立たずおこなうことができます。また、上の前歯だけなどコストを抑えた部分矯正も可能です。ご希望に合わせた治療ができるように、最適な方法を一緒に考えていきたいと思っています。無料カウンセリングもおこなっていますので、歯並びについて悩んでいる、目立たない矯正治療に興味がある、という方はお気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

古居 憲 院長 MEMO

  • 出身地:愛知県
  • 趣味:K-POPの鑑賞
  • 好きな本・作家:小説(恩田 陸など)
  • 好きな映画:ホラー映画
  • 座右の銘:後悔するくらいだったらトライした方がいい
  • 好きなアーティスト:K-POP(防弾少年団など)
  • 好きな場所:新大久保

グラフで見る『古居 憲 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート