新宿区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(新宿区)―

田村 太一 院長/タムラタイチ歯科診療所(四ツ谷駅・歯科)の院長紹介ページ

田村 太一 院長

TAICHI TAMURA

歯周治療を軸とした地元に根ざした歯科治療で、
“安心、納得、喜びの医療”を提供したい

昭和大学卒業後、同大学院の歯周病科に8年在籍。2005年に四谷に開業し、地元に根付いた治療を行っている。

田村 太一 院長

田村 太一 院長

タムラタイチ歯科診療所

新宿区/若葉/四ツ谷駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科

先生からの一言で歯科医師の道へ

田村 太一 院長

小さい頃から手先が器用だったので、もともとは機械工学系の大学を目指して勉強していました。ただ、ある予備校の先生から、機械をいじるよりも人と接する仕事のほうが良いんじゃないかとアドバイスを受けたんです。その先生の一言がターニングポイントとなって、歯科医師なら手先の器用さも生かせるし、人の役にも立てると思い、歯学部へ進学しました。今では歯科医師になっていなかったら、何になっていたか想像もつかないので、その先生に出会って本当に良かったと思いますね。
大学卒業後は患者さんの歯の健康を根本から守る予防歯科に取り組みたいと考え、小児歯科、矯正歯科、歯周病科の3つで迷いました。そこで全体的に学べる歯槽のう漏を勉強する歯周病科の大学院に進み、8年間勉強や勤務医をしていました。開業したのは2005年のこと。生まれたのが四谷ということもあり、この地に開業しました。ちなみに病院のあるこの通りは通学路だったんですよ。自分を育ててくれた街の地域医療に日々邁進しています。

歯周治療を軸とした多様な治療内容で患者さんに応える

田村 太一 院長

四谷は、駅前や大通り沿いは会社が建ち並ぶオフィス街ですが、通りを1本入ると古いお寺があったり、住宅街になっていたりといろいろな要素が混在した街ですね。ですから、当院に来られる患者さんも小さいお子さんから会社員、お年寄りまで、さまざまな年代の方がいらっしゃいます。当然、症状も多岐に渡ります。乳幼児の歯の悩みもあれば、総入れ歯で悩んでいる方もいる。そのため、当院では幅広い診療科目で治療に当たっています。専門の歯周治療を軸に、一般的な虫歯治療から小児、入れ歯、インプラント、外科的な治療まで院内で治療が受けられるようになっています。
当院の下の階に学習塾が入っていることもあって、子供の患者さんも多いですね。小児歯科の場合はいきなり治療すると怖がったり、嫌がったりしますので、なるべくリラックスさせてから治療するようにしています。当院には人工芝を敷いたカウンセリングルーム、通称“芝生の部屋”を設けているのですが、子供たちは待ち時間にここで宿題したり、絵本を読んだり結構くつろいでいるんですよ。歯医者さんはこわい場所じゃない、気持ち良いところなんだと感じてもらうのも子供の治療には重要ですね。

歯ブラシ指導を基本に、生活習慣にも目を向けた治療を

田村 太一 院長

当院で力を入れているのは歯周治療です。歯周病は基本的には口の中にあるバイ菌が悪さをして、歯茎が腫れ、骨が溶けてしまう病気です。第一の治療方法としては、患者さんの歯みがきや生活習慣をしっかりとコントロールすること、そして歯石を除去すること。また、再生療法と言って、歯や骨を失った場合に薬を使って再生する最先端の治療も行っています。このほかに歯を補うインプラント治療も有効です。ただ、歯周病に限らず他の病気でもそうですが、基本は歯みがきがうまくできているかどうかが最も重要なポイントです。歯ブラシできちんと磨けていれば、8割方治っていると思っても良いぐらいですね。どんな治療をしても、治療後の安定もずっと保たれます。そこで、当院では歯みがきの指導には多くの時間を割くようにしています。
歯周病が生活習慣病という面では、食事や仕事のことなど患者さんの生活にも目を向けるようにしています。特に会社員の方は仕事のストレスがあったり、不規則な食生活を送っていたりしますので生活面からのアドバイスが欠かせません。さらに、歯周病はその歯だけを治療しておしまいということでは決してありません。定期検診を通して口腔全体をメンテナンスし、できる限り長く患者さんの歯の状態をチェックし続けることも大切です。

患者さんに寄り添う“安心、納得、喜びの医療”

当院のモットーは“安心、納得、喜びの医療”です。決して押し付けの治療にならないように気をつけています。いくらベストな治療はこれだと思っても、患者さんの仕事や日常生活の関係ですべての治療を行うことが難しいのであれば、それを踏まえたうえでできる範囲の治療を行います。そして残りの治療は生活が落ち着いてきたらまたやりましょうとお伝えします。決してこちらの意見を押し通すのではなく、患者さんの声にしっかりと耳を傾けて治療を行うよう心がけていますね。初診のカウンセリングはもちろんですが、治療に入ってからも、患者さんとは積極的にコミュニケーションをとるようにしています。
開業医として10年以上診療していると、小さい頃に診ていた患者さんが大人になって来てくれることもあって、成長した姿を見られるのはとても嬉しいですね。これからも歯周治療を中心に、地元に根ざした医療を担っていきたいです。最近、特に気になっているのは子供の噛み合わせの悪さや、口をポカンと開けている様子。姿勢が悪かったり、呼吸の仕方が気になる子も多いです。虫歯だけではなく、子供の歯並びや口元の動きなども含めて、総合的に改善していきたいと考えています。

これから受診される患者さんへ

『タムラタイチ歯科診療所』はJR、東京メトロ「四ツ谷駅」から徒歩5分ほど、大通りから少し入ったビルの2階にあります。歯の健康で少しでも不安に思うことがあれば、ぜひお気軽にお越しください。メンテナンスをご希望の方もお待ちしております。

※上記記事は2017年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

田村 太一 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ドライブ
  • 特技:昆虫採集
  • 好きな本:ラグビー関連の本
  • 好きな映画:ブルース・ブラザーズ
  • 座右の銘:今日できることは明日にのばすな
  • 好きな音楽:佐野元春
  • 好きな場所:八ヶ岳

グラフで見る『田村 太一 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート