新宿区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(新宿区)―

三浦 弘美 院長/みうら歯科クリニック(市ケ谷駅・歯科)の院長紹介ページ

三浦 弘美 院長

HIROMI MIURA

ゆっくり・丁寧な診療を心がけながら
すべての人に歯科医療を届ける

鶴見大学歯学部を卒業後、東京医科歯科大学を経て歯科医師としての診療をスタート。都内の歯科医院などで幅広い診療を経験し、「市ヶ谷駅」そばに開業。

三浦 弘美 院長

三浦 弘美 院長

みうら歯科クリニック

新宿区/市谷田町/市ケ谷駅

  • ●歯科
  • ●訪問歯科診療

さまざまな経験を重ねてきたからこそ、ゆっくり・丁寧な診療を

三浦 弘美 院長

『みうら歯科クリニック』を開設するまでは、老人病院で非常勤歯科医師として診療したり、いくつかの歯科クリニックで診療するなど、さまざまな経験を重ねてきました。1日に何十人という患者さんを診ていた時期もあれば、患者さんとしっかり向き合って、時間をかけて治療ができる環境もありました。私にとっては、後者の診療スタイルが理想で、このクリニックにおいても「ゆっくり・丁寧に」をモットーにした診療を心がけています。
この場所は駅からもとても近くて、パッと見てわかりやすくて、本当に恵まれた場所にご縁があったと嬉しく思っています。開業する場所を探してあちこち見てまわっていたとき、私の目が行き届くようなこぢんまりとした空間でありながら、3方向が開けていて、開放感あふれる明るい雰囲気がとても気に入ったんですよね(笑)。私自身も常に明るい気持ちで患者さんをお迎えしておりますので、「歯医者さんが怖い」とおっしゃる方にも、安心してお越しいただきたいと思います。

歯科全般を幅広く診療し、訪問診療にも対応

三浦 弘美 院長

来院される患者さんは、近隣にお勤めのビジネスパーソンのほか、当院で治療をなさった患者さんからのご紹介というケースがとても多いですね。私たちの治療にご満足いただき、ご自分の親しい方にもすすめてくださるということは、歯科医師として本当に嬉しいことだと思っています。
『みうら歯科クリニック』では保険診療・自由診療を問わず、歯科全般を幅広く診療しています。ただやはり、「ゆっくり・丁寧に」診療をおこない、10年後、20年後まで見据えた治療となると、どうしても自由診療をおすすめするケースが多くなるでしょうか。金属の詰め物ではなく、セラミックをご提案したり。従来のワイヤータイプではなく、柔軟性があって見た目も自然な入れ歯をご提案したり。とくに、訪問診療で診させていただく患者さんについては、ワイヤーのないタイプの入れ歯を積極的におすすめしています。もしも手の不自由な方が、入れ歯の金属などで誤って舌を傷つければ大出血になり、救急車で病院に搬送されるといった事態になりかねません。歯の治療をするのはもちろんですが、患者さんの安全面に配慮することも、私たちの大事な役割だと思っています。

自らの経験から、訪問診療にも精力的に取り組む

三浦 弘美 院長

外来診療とあわせて当院の大きな柱となっているのが訪問診療で、自分のクリニックを開設するからには、どうしても訪問診療に携わりたいと思っていたんです。
最初のきっかけは私がまだ20代のころ、非常勤の歯科医師として老人病院で診療をしていたときでした。今のようにベッドサイドで歯科治療をするような設備がありませんでしたので、入院されている患者さんは、外来フロアまで降りて来て歯科治療を受けられるんですね。日常生活を送るなかで急に倒れて、それからは口腔ケアなどもままならない状態という方がほとんどで、お口の中に出血があったり、ひどい口臭があったり、という患者さんをたくさん診てきました。私が週に1度歯磨きをしてさし上げると、涙を流して喜んでくださる患者さんもいらして。そうした方々に接するにつれ、すべての人が同じように歯科医療を受けられるようにするにはどうしたらいいか、ということを考えるようになったんです。当時の私はまだ若くて、すぐに行動を起こすことはできませんでしたけれど。現在は週のうち2日半ほどは訪問診療に出向くなど、私ができるかぎりの診療をおこなっています。

訪問診療をシステム化し、啓蒙活動にも尽力

今でこそ歯科医師会の理事となって、訪問診療を啓蒙するためのDVDなどを歯科医師会や区と協同で作成するまでになりましたけれど。私が訪問診療をはじめた当初は、まさに「手さぐり」という言葉がぴったりのスタートでした。訪問診療をしている歯科医院があると聞けば、院長先生に直接電話をかけてお願いをして、診療風景を見学させていただいたこともありましたね。往診に使う車の準備であったり、機材の準備であったり、そうした1つ1つの積み重ねが、今につながっているという感じです。
ちょうど「3.11(東日本大震災)」が起きた直後でしたから、当時は本当に大変な思いをしたのですが。母の実家がある仙台では、入れ歯が流されてしまったためにうまく噛めず、それなのに食料はカンパンしかなくて。だんだんと体が弱っていったり、口腔環境の悪化から肺炎になって、命を落とす方もたくさんいらっしゃいました。そんな方々の様子を耳にするにつれ、訪問診療の大切さを痛感しましたし、社会とのつながりという意味からも、患者さんとのコミュニケーションを大切にしたいという想いで日々の診療にあたっています。

これから受診される患者さんへ

『みうら歯科クリニック』は、JR「市ヶ谷駅」から徒歩1分、「四ツ谷駅」などからも徒歩圏内の場所にあります。口から物を食べるということは、私たちの体をつくることであり、命をつなぐことであり、何よりも一番の楽しみではないでしょうか。そして、美味しく食事を食べるために欠かせない「お口の健康」を守ることは、私たち歯科医師の役割。私はすべての人に、同じように歯科医療を届けたいと思っています。
今後ますます高齢化が進み、訪問診療に対するニーズは高まっていくでしょう。歯科医院に通っていた患者さんが通院困難となったとき、それまで担当していた歯科医師がずっと患者さんを診ていかれるように。すべての歯科医師が外来にも往診にも携わるようになることが理想ですよね。私は歯科医師会を通して、学びの場をつくったり、医科のドクターや介護に関わる方々とも連携を図りながら、1人1人の患者さんをしっかりとサポートしていきたいと思います。

※上記記事は2017年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

三浦 弘美 院長 MEMO

  • 出身地:静岡県
  • 趣味:ゴルフ、スキー、旅行
  • 好きな本・作家:江國香織
  • 好きな映画:「永遠の0」
  • 好きな言葉・座右の銘:いつも心に太陽を、最期まであきらめない
  • 好きな音楽・アーティスト:EXILE
  • 好きな場所:ハワイ・沖縄

グラフで見る『三浦 弘美 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート