新宿区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(新宿区)―

常盤 妙子 理事長 & 常盤 肇 院長/常盤矯正歯科医院(新宿三丁目駅・矯正歯科)の院長紹介ページ

常盤 妙子 理事長 & 常盤 肇 院長

TAEKO TOKIWA & HAJIME TOKIWA

審美面と機能面を改善する矯正治療で
口元を美しく、全身を健康に

妙子理事長、肇院長ともに鶴見大学歯学部の出身。両氏ともに矯正歯科を専門に研鑽を積み、どのエリアからもアクセスのよい「新宿駅」そばに開業。

常盤 妙子 理事長 & 常盤 肇 院長

常盤 妙子 理事長 & 常盤 肇 院長

常盤矯正歯科医院

新宿区/新宿/新宿三丁目駅

  • ●矯正歯科

口元と全身の健康に対して、アンチエイジングからもアプローチ

常盤 妙子 理事長 & 常盤 肇 院長

【常盤 妙子 理事長】
私の実家は代々続く歯科医師の家系で、祖父は日本における矯正治療の草分け的な存在でした。大人はおろか小児の矯正治療も確立されていないような時代の「職人肌の歯科医」だった祖父とは反対に、私の父はバブル全盛期にあった歯科医師で(笑)。母も歯科医師、親類にも医療従事者が多くいる環境でしたので、私が歯科医師になるのも当たり前という感覚でした。大学病院では矯正治療を専門に10年にわたって研鑽を積み、2005年に『常盤矯正歯科医院』を開設。お口の中をキレイに整えることはもちろん、しっかり噛めること、痛みを取り去ること、そして患者さんの全身の健康までを考えた矯正治療を実践してきました。また、審美的な治療にプラスαの付加価値をご提供したいという考えのもと、日本抗加齢医学会の専門医を取得。難症例の治療を手がける院長と協力しながら、より充実した歯科医療をご提供していきたいと思っています。

大学病院でスキルを磨き、難症例の治療にも尽力

常盤 妙子 理事長 & 常盤 肇 院長

【常盤 肇 院長】
理事長とは正反対ですが、私の父はごく普通のサラリーマンをしていて、自分のまわりに医療関係者がいたわけではありません。ただ、5つ下の妹の体が弱くて、私が物心ついたころからずっと入院生活を送っていたんですよね。そうした意味で私にとって医療は身近な世界であり、子供心に「困っている人を救う道に進みたい」と考えていました。小学校の卒業文集には、はっきりと「医者になりたい」と書いていたほどで、医科が歯科にはなりましたけれど、こうして医療に携わることができました。歯科のなかでも矯正治療を専門にするようになったのは、特殊な技術を身につけたいと考えたため。私の恩師は、矯正医は「器用で変わり者が多い」と言っていましたけれど(笑)。当時の矯正治療はまだまだマイナーな存在で、矯正の勉強を希望する人も少ない時代でしたね。20年あまりにわたって母校である鶴見大学に籍を置いて矯正治療に携わり、顎口腔機能異常や顎変形症といった難しい治療も数多く手がけてきました。

審美面と機能面を改善し、全身を健康な状態に

常盤 妙子 理事長 & 常盤 肇 院長

【常盤 肇 院長】
矯正治療を始めるにあたって、「できるだけスピーディに、できるだけリーズナブルに」という希望をお持ちの患者さんもいらっしゃるでしょう。たしかに、スピード矯正を掲げるクリニックもあるようですが、本来の矯正治療は一定の時間をかけて確実に行うべきもの。今はインターネットで簡単に情報を手に入れられる時代ですが、その方法が本当に正しいのか? 自分に合う方法なのか? 正しい診断ができるのは歯科医師である私たちなのです。歯並びをキレイに整える審美面はもちろん、しっかり噛めるようにする機能面もあわせて改善することで、全身を健康な状態にする。それこそが、私たちのめざす矯正治療であり、本当に患者さんのためになる医療であると考えています。今後は、矯正医から一歩進んで、口腔医をめざそうかなと(笑)。赤ちゃんが離乳食をスタートする段階から積極的に介入して、正しい食べ方を指導することなどによって、不正咬合の予防ができないものかと考えているんです。赤ちゃんが成長して年齢を重ねて、アンチエイジングが必要になるまで。歯科医師として、すべてのライフサイクルに関わって行かれたらと思います。

患者さんのニーズを丁寧にヒアリングして、口元の美しさを叶える

【常盤 妙子 理事長】
ただお口の中をキレイにするだけでなく、全身の健康まで考えた矯正治療を行うためには、患者さんのご希望を伺うカウンセリングの時間がとても大切になります。お口まわりに関するご希望をお聞きすることはもちろん、日常生活の中でお困りのこと、たとえば頭痛やドライマウスのお悩みなどについても丁寧にヒアリングをしていきます。患者さんに心からご満足いただける治療結果につなげるためには、お1人お1人のニーズを正しく把握することが重要。たとえ時間がかかっても治療のゴールを明確にするとともに、なぜこのプロセスが必要なのか、治療後にどんなメリットがあるのかなどを十分にご説明し、患者さんのご理解をいただいた上で治療をスタートいたしますのでご安心ください。お口の中の健康を全身の健康につなげるという考えが発展して、アンチエイジングについても知識を深めてきました。私たち歯科医師は、口元の美容のプロフェッショナルでもありますので(笑)。当院には、ヒアルロン酸、ボツリヌス製剤、点滴などによる治療メニューもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

これから受診される患者さんへ

【常盤 妙子 理事長】
『常盤矯正歯科医院』は、JR「新宿駅」南口から徒歩3分と、とてもアクセスのよい場所にあります。歯並びや噛み合わせの状態がよくなると、患者さんのモチベーションもアップして、みなさんの人生がとても豊かになっていくんですよね。患者さんとご家族の方々と長いお付き合いできること、当院での治療に喜びの声を寄せていただくことは、私たちにとっても大きな喜びになっています。子供から大人の患者さんまで、全身の健康を考えた口腔機能の改善をお手伝いさせていただきますので、もしも気になっていることがありましたら、お気軽にご相談ください。

※上記記事は2017年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

常盤 妙子 理事長 & 常盤 肇 院長 MEMO

  • 出身地:[理事長・院長] 東京都
  • 趣味&特技:[理事長] 女子会・ディズニーランド [院長] 食べ歩き、サーフィン、モータースポーツ、ドライブ、旅行
  • 好きな映画:[理事長] ラブストーリー [院長] SF(スターウォーズなど)、最近は子どもと一緒にディズニー映画などを観に行きます。
  • 好きな音楽やアーティスト:[理事長]ハワイアン [院長] 洋楽
  • 好きな言葉 座右の銘:[理事長] ポートダグラス [院長] 海、ハワイやサンディエゴ
  • 好きな場所:[理事長] みんな違ってみんないい [院長] Act now for the future.すべては未来のために。

グラフで見る『常盤 妙子 理事長 & 常盤 肇 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート