新宿区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(新宿区)―

桒島 一弘 院長 & 惠子 副院長/わせだ動物病院(早稲田駅・犬)の院長紹介ページ

桒島 一弘 院長 & 惠子 副院長

KAZUHIRO & KEIKO

ペットたちとオーナーさまの立場に立ち、オーダーメイドの治療をご提供。

麻布大学獣医学科卒業後、勤務医として研鑽を積む。麻布大学の大学病院勤務を経て2005年に早稲田駅から徒歩3分の場所に開業。

桒島 一弘 院長 & 惠子 副院長

桒島 一弘 院長 & 惠子 副院長

わせだ動物病院

新宿区/早稲田鶴巻町/早稲田駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ハムスター
  • ●フェレット
  • ●ウサギ
  • ●その他

夫婦そろって麻布大学付属動物病院で経験を積み、開業を実現。

桒島 一弘 院長 & 惠子 副院長

【桒島 一弘 院長】
私には北海道で酪農を営む叔父がいるのですが、夏休みなどを利用しては叔父の元を訪れたりしていました。そうして子供の頃から牛や馬といった大動物に親しむうちに、自然と獣医の仕事に興味をもつようになったんです。神奈川県にある麻布大学獣医学科に学び、卒業後は勤務医として研鑽を積みました。ところが、3年ほど実践の場を経験しているうちに、自分が思い描く理想と現実にギャップを感じるようになってしまって…。自分自身を見つめ直す意味から、いったん医療の現場を離れる決心をしたんです。
私は大学時代、カヌーのインストラクターをしていた経験があるのですが、獣医の仕事をお休みしている数ヵ月間はインストラクターとして過ごしていました。お客様の安全に配慮しながら、カヌー体験を楽しんでいただくのがインストラクターの仕事。時には7~8名ほどのお客様をお連れして、川を下っていくケースもあります。サービス業という側面がありながら、同時にお客様一人ひとりの大切な命を守る責任もある。インストラクターの仕事は獣医の仕事に通じる部分が大きいことを実感し、私自身もう一度真摯な気持ちで医療に向き合いたいと思い至り、出身校である麻布大学の大学病院勤務を経て2005年に東西線 早稲田駅から徒歩3分のこの場所に『わせだ動物病院』を開業しました。

【桒島 惠子 副院長】
私の実家ではずっと犬を飼っていて。動物は好きだったものの、獣医の仕事以外にもいろいろと魅力を感じる職業もあって迷っていたんです(笑)。でも、高校3年生のときにテレビでみたニュースが、私の将来を決めました。そこには、湾岸戦争でオイルにまみれた鳥たちと、彼らを助ける獣医さんの姿があったんです。犬や猫ばかりを診療するものだと思っていた獣医が、鳥たちも救うことができるなんて…。この驚きと感動から獣医となることを志すようになり、麻布大学獣医学科へ。浜松の動物病院卒業後は地元浜松の病院を経験し、結婚もしました。その後、夫婦そろって麻布大学付属動物病院に勤務したんです。現在は3人の子供を育てながら、時間の許す限り院長のサポートをしています。

ドクター2人体制のメリットを最大限に生かす。

桒島 一弘 院長 & 惠子 副院長

【桒島 一弘 院長】
当院は緑多い早大通り沿いにあり、ワンちゃん、ネコちゃん、ウサギ、フェレット、モルモット、ハムスターといった小動物を中心に診療しています。町の動物病院としては珍しいかも知れませんが、院長である私も副院長である妻と2名の獣医がおりますので、一つの症例に対してさまざまな角度から検証することが可能です。大きな手術には協力して臨むことができますし、一人が緊急の処置をしている際にも他の動物たちの診療にあたることができますので、動物たちやオーナーさまにクオリティの高い医療と安心感をご提供できるものと考えています。また当院では、ドクター2人体制のメリットをいかして、訪問診療も行っています。ペットたちの日常生活を見せていただくことで治療へのヒントが得られることもありますので、来院が難しい場合などはお気軽にご相談いただきたいと思います。

オーナーさまから真に信頼される獣医師を目指す。

桒島 一弘 院長 & 惠子 副院長

【桒島 一弘 院長】
私の仕事は動物たちを診療することですが、同時にオーナーさまから成長させていただいていると感じることも多いですね。近隣に早稲田大学のキャンパスが広がるこの場所は、アカデミックな土地柄のせいか教養の高いオーナーさまが多数いらっしゃいます。ペットたちのケアについてもすぐにご理解いただける場合が多いことから、スムーズに治療を進めることができ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ですから私自身、オーナーさまから真に信頼される存在となるべく、日々、自己研鑽に努めています。とは言っても、症状や治療法について真面目にご説明するだけでなく、診療時には必ず一度は笑っていただくことも心がけていて(笑)。小さなことを積み重ねから、オーナーさまとの確かな信頼関係を築いて行きたいと思っています。

【桒島 惠子 副院長】
現在はまだ子供に手がかかり、医院をお手伝いできる時間も限られてしまうのですが。私がこの場所に居る時にはできるだけ、お待ちになっているオーナーさまと動物たちに気を配るようにしています。「グッタリしていたり、様子のおかしい子はいないか?」「待合室の様子はどうか?」など。院長のていねいな診療のおかげで、お待ちいただく時間が長くなることも多いのですが(笑)。不安げに診察室に入られたオーナーさまが笑顔でお帰りになる時は、何とも言えない喜びを感じますね。

専門家の視点から積極的にアドバイスを発信。

【桒島 一弘 院長】
会社にお勤めをしている方でしたら、年に一度は健康診断を受診されますよね。こうした健康診断は、ペットたちにも必要なこと。とくにネコちゃんの場合は、人間の6倍ものスピードで生きていると言われますから、可能であれば年に3回の定期検診をおすすめしたいと思います。1回目はワクチン接種、2回目は尿検査、3回目は体重測定といったスケジュールを組むことで、ペットたちの体調管理をすることができます。女の子・男の子によって、かかりやすい病気も異なりますから、疑問点などはお気軽にご相談ください。

【桒島 惠子 副院長】
ペットは家族の一員だと言われますが、動物たちも人間と同じ。夏場は小マメな水分補給で熱中症を予防し、クーラーによる室内の冷やし過ぎには要注意です。そして、ワンちゃんをお散歩に連れ出すときは実際にアスファルトを触ってみるなどして、思いがけない火傷をすることのないよう注意していただきたいですね。寒い季節の注意点は夏の逆になりますが、冬場は早朝の散歩でセキが止まらないといったトラブルも多くなります。オーナーさまにはぜひ、日頃からペットたちの様子をしっかりチェックしていただくことをお願いしたいと思います。

これから受診される患者さんへ。

【桒島 一弘 院長】
当院の診察券はペットたちの顔写真・名前・生年月日などが入るIDカードのような仕様になっていて、お散歩のときなど必ず携帯してくださるオーナーさまもいらっしゃるんですよ。ペットたちとオーナーさま、そして私たち医療機関との垣根を失くして行きたいという思いから、ホームページ上にはキャンペーン情報なども随時アップしていますし、電話やメールでのご相談も承っています。困ったときに何でも相談できる人が身近な場所にいる。地域の皆様にそう感じていただけたら嬉しいですね。

【桒島 惠子 副院長】
当院の開業は、長男の誕生から間もなくのこと。ベビーベッドがわりのゲージに入れられていた息子を、診察をお待ちのオーナーさまたちが代わる代わる抱っこしてあやしてくださったことを昨日のように思い出します(笑)。多くの方に支えられ、それに応えたいと仕事を続けるうち、最近になってようやくこの地域に溶け込むことができたかな?と感じています。これからも、ペットたちとオーナーさまの立場にたって、オーダーメイドの治療をご提供して行きたいと思います。

※上記記事は2014年7月に取材掲載したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

桒島 一弘 院長 & 惠子 副院長 MEMO

  • 生年月日:[一弘]1975年1月9日 [惠子]1974年11月12日
  • 出身地:[一弘]東京都 [惠子]静岡県
  • 血液型:[一弘]O型 [惠子]A型
  • 趣味・特技:[一弘]スポーツ [惠子]料理・水泳
  • 好きな本:[一弘]心理学・自閉症関係の本 [惠子]歴史書
  • 好きな映画:[一弘・惠子]ドキュメンタリー
  • 好きな言葉:[一弘]一期一会 [惠子]愛
  • 好きな音楽:[一弘]JAZZ [惠子]ディズニー音楽
  • 好きな場所:[一弘]自然豊かな所 [惠子]田舎

グラフで見る『桒島 一弘 院長 & 惠子 副院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート