新宿区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(新宿区)―

木村 太郎 院長 & さや香 分院長/木村動物病院(早稲田駅・犬)の院長紹介ページ

木村 太郎 院長 & さや香 分院長

TARO KIMURA & SAYAKA

最先端の医療技術の修得に尽力。
信頼していただける獣医療機関を目指す。

大学卒業後は勤務医として経験を積む。その後、父が早稲田駅そばに開業していた当院に勤務する。現在院長。

木村 太郎 院長 & さや香 分院長

木村 太郎 院長 & さや香 分院長

木村動物病院

新宿区/馬場下町/早稲田駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●その他

父の開業より約50年。地域動物の健康に貢献。

木村 太郎 院長 & さや香 分院長

【木村 太郎 院長】
『木村動物病院』は1995年に先代の院長である父・順一郎が開院し、以来、小動物総合臨床病院として診療を続けてきました。今の場所に移ってきたのは、ちょうど私が生まれた頃のことになります。 獣医師である父の姿を見て育ち、少し大きくなってからは手伝いもしていましたから、広い意味でこの世界へと進むことは決めていました。ただ、最初は動物は動物でも競走馬の獣医師になろうと思っていたんです。トウカイテイオーという馬をきっかけにブラッドスポーツと呼ばれる競馬に魅せられ、学校の夏休みに牧場へアルバイトに行くようになってからは進路として具体的に考えるようになっていました。
その考えが変化したのは、横浜にある動物病院で実習を受けたのちのことです。そちらの先生からお誘いを受けたこともありますが、実際に小動物臨床の現場に身を置いたことで、父が続けていた世界を見直すことが出来たのでしょうね。

【木村 さや香 分院長】
小さい頃からペットを飼っていたものですから、動物に関わる仕事に就きたいと考え続け、今の仕事にたどり着いた気がしています。大学卒業後は横浜の動物病院に勤務し、結婚後にこちらで主人と診療をともにおこなうようになりました。
ここからほど近く、西早稲田には当院の分院があります。そちらは主人を昔から知っているおじいちゃんの先生がやられていたのですが、今から1年ほど前に主人が後を託されたという形になっています。地域に根付いてずっと続いてきた病院を頼りにされている方々のために、私も分院長として少しでもお役に立っていきたいと考えています。

専門性の高いスタッフが生み出す安心の診療環境。

木村 太郎 院長 & さや香 分院長

【木村 太郎 院長】
当院では、疾患の予防をおこなう「予防治療」、下痢や咳など、内科系の疾患の治療とその原因究明にあたる「総合内科」、日常よくみられる外科的疾患をあつかう「一般外科」、さらに特殊な技術や器材を必要とする「特殊外科」を標榜しています。
私が勤務していた『みなとよこはま動物病院』は整形外科疾患に造詣の深い病院でした。私は幸運にも院長をはじめ多くの先輩獣医師に教えていただく機会に恵まれ、その経験を活かした「整形外科」には特に力を入れて診療をおこなっています。骨折、膝蓋骨脱臼、靭帯断裂、リュウマチなど疾患に対し、外科的な処置で回復が見込める場合に当院で手術をおこなっています。 この分野では月に1回程度のペースでセミナーを開催させていただいています。こうした機会を通じて手術の依頼をいただくこともありますし、今後、こうしたセミナー等の活動の機会をさらに増やせていければと考えています。
また、アメリカで麻酔学の研修を積んでいらした鈴木先生に麻酔・鎮痛を担当していただくことにより、飼い主様により安心して手術を受け入れていただく事、動物により安全な手術を受けてもらうことが出来るようになっています。

飼い主さんが話しやすい雰囲気づくりを心がける。

木村 太郎 院長 & さや香 分院長

【木村 さや香 分院長】
飼い主さんのお話をよくうかがうということですね。「病院」というだけできっと構えてしまう部分があると思いますし、こちらから説明をするだけに終わるのではなく、まずはその方の話を聞くということに重点を置いています。
治療の選択は人それぞれです。入院をしてでも完全に治したいという方もいらっしゃれば、出来れば家で看てあげたいという方もいらっしゃいます。飼い主さんが思うところを全ておっしゃっていただけるような雰囲気づくりに努め、飼い主さんと一緒に治療をしていく心積もりでいたいと考えています。

更なる診療の質の向上を目指す。

【木村 太郎 院長】
個人的なことでは、大学院卒業後も東京医科歯科大学に籍を置き、医療研究に携わらせていただいていること、病院では獣医療研究に整形外科という分野で勤しむ事で私個人の成長を促し総合内科では妻に、麻酔学に関しては鈴木先生に研鑽を積んでいただくことで獣医師全体のレベルアップを図っています。
病院については、つい最近のことですが、入り口・待合室をわんちゃん用とねこちゃん用とに分ける形をとりました。わんちゃんは興味津々ですが、ねこちゃんはわんちゃんを苦手に思う子がどうしても多いものですから、セパレートにさせていただいたのです。
入り口にしてもしかりですが、分院も含め、様々な先進的器材等を導入することにより、ソフト、ハードともに、更なる診療の質の向上を展望しています。

これから受診される患者さんへ。

【木村 太郎 院長】
病院に行くというのは勇気のいることで、それは人でも動物でも変わらないことかもしれません。「早めに来てください。」獣医さんはよくこう言いますけども、実際のところ、その線引きは難しいものだと思われます。変化に気づいているかどうかといえば、大抵の方は何かを感じていらっしゃる。でもその何かが、その子本来のものなのか、重大なものかということの判断が付かず、結果、「足が遠のく」ことになっているように思います。どうかその判断は私たちに任せてください。はっきりとした症状でなくても構いません。何か気づいたことがあれば、気軽にいらして何でも聞いていただければと思います。病気はもちろんのこと、様々な疑問を全て解決に至る道しるべとなれたらと考えています。

※上記記事は2014年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

木村 太郎 院長 & さや香 分院長 MEMO

  • 生年月日:[太郎] 1月4日 [さや香] 2月17日
  • 出身地:[太郎] 東京都 [さや香] 神奈川県
  • 血液型:[太郎] O型 [さや香] B型
  • 趣味・特技:[太郎] スキー [さや香] 映画鑑賞
  • 愛読書・本:[太郎] ビジネス書/日経オンライン/池波正太郎/学術書Veterinary Surgery: Small Animal [さや香] 時代小説
  • 好きな言葉・座右の銘:[太郎] 日進月歩 [さや香]泰然自若
  • 好きな音楽・アーティスト:[太郎] Blink-182 [さや香] J-POP
  • 好きな場所・観光地:[太郎] 浅間山の雪景[さや香] 横浜桜木町

グラフで見る『木村 太郎 院長 & さや香 分院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート